サツキログ

元社畜アラサー女、好きなモノで統一されたシンプルライフを目指します

目で判断する!仕事での要注意人物の見極めはこの3つに気を付けよう

スポンサーリンク

新年度が始まり早くも4日。皆さまお元気になさってますか?職場や学校など、新しい環境で頑張られている方も多いのではないでしょうか?

新しい環境と言えば人間関係の構築がつきものですが、できるだけ自分に害のある人とは付き合いたくないもの。。

今日は私が社会人生活を送る中で経験した、「この人はきっとやべぇな」「良くない人だな」と感じるポイントについて書いていきたいと思います。

完全に主観、独断と偏見ですので、その辺りはご了承ください!

f:id:stk5:20200404194632j:plain

ヤバいと感じる人の目の3つの特徴

大学卒業から10年以上が経ち、社会生活でいうともう「若手」とは言っていられない年代に差し掛かりました。今まで、仕事上ではいろんな方にお世話になってきましたが、パワハラまがいや嫌がらせなど、「この人まじで無理...」と本気で人間関係で悩んだ人がいたことも事実。

もうそんな目にあいたくないな、何か第一印象で判断するポイントはないかな?...と考えたときに、反省として出てきたのは目!!致命的にしんどかった人は、全て何かしら目に特徴がありました。

ありがたいことに同僚や先輩後輩とは比較的仲良くやれていたので、全て上司やそれに相応するポジションの方々への所感になりますが、まとめるとこんな感じです。

目が泳いでいる

なんだか焦点がフワフワしていて、まっすぐ目が合いません。態度もなんとなく自信がなさげで、あまり自分で判断したがらないタイプの人のように思います。何に関してもはっきりしたことを言い(言え?)ません。ただ仕事はしないといけないので、そんな軸が見当たらない中でもフワッと進めざるを得ず。やはり、上の人がフワフワしていたら下はやりづらいです。

そんな上司と仕事をすると、基本のホウレンソウをしたところで何も返ってこないパターンが多く、そのくせ会社からは結果を求められるので、実質的に色んな板挟みで気力が消耗します(案件が大きかったりすると特に)。目が泳いでいて自信のなさげな人には要注意です。

目がギンギンに冴えている

こちらのタイプの方は、感情的でアグレッシブさを感じられる人(若いころはイケイケだったみたいな)に多い印象です。目力が強くて、時には充血していたりもします。感情的なあまり冷静な物言いに欠け、自分本位になったりパワハラまがいな言動を口走ったりします。その日の機嫌によって言うことが違い、またカッとなったら我を忘れて道徳的にアウトな振る舞いをしたりするくせに次の日には忘れているため、周りは常に翻弄されます。

体育会系出身の人に多く、基本的には悪い人ではないものの本人に無自覚、というのが余計に罪深い。。目が不自然にギラギラしている人にはご注意を。

笑顔風でも目は笑ってない

表面的にはニコニコしているのですが、よく見るとにまっとした不自然な笑顔で、とてもねちっこい嫌な目をしている人。作り笑顔をするために目じりを下げることを、顔が覚えてしまったんだろうなぁ、というお顔をされています。下の瞼が全く笑ってない。。

このタイプが、実は一番厄介です。よく見られたいので気さくに話しかけてきますが、周りを思ってではありません。粘着質でプライドが高く、何かにつけてターゲットを見つけて自分の優位性を見せつけようとしていることに、本人は全く気付いていないパターンがほとんどです。そして、なぜか仕事がめちゃくちゃできる。。

行き過ぎるとサイコパスとなりこちらにどんな被害が飛んでくるか予測もたたないため、絶対に関わってはいけないタイプです。

体調を崩すことも⁈ヤバイ人には近寄らないで!

私は一度、入社して間もないころに目の泳いでいる上司から単独で責任過多の案件を任され、何もノウハウがなく手探りで進めている中、そんなうまくいっていない状況をおもしろく思ったのか、別部署の目が笑っていないリーダーから執拗な嫌がらせと業務妨害まがいを受け、ストレスで体調を崩しました。

もちろん、私の実力不足もありますが、やはり心身に支障をきたしたということで、この手ののタイプの人たちは今でも少しトラウマです。

その点、逆に目がギンギンに冴えている人は、確かにパワハラ発言のあるものの、どちらかというと単純で陰湿さはあまりありません。冷静に考えたらアホなことを言っているので相手にしなくていいというのが自分でも整理できたうえ、幸い私には多少の暴言には耐えられるメンタルはあったらしく、なんとか耐えしのげました。

人によっては関わらないと仕事ができないこともあるかもしれませんが、下手すると私のように心身バランスを崩す可能性もあります。皆さんも気を付けて、少しでもヤバいと思う人にはできるだけ近寄らないようにしてください。。

目は口ほどにモノを言う...目は人格が表れる場所

以上、私の実体験で書かせていただきました。

人を見かけで判断してはいけないと言いますが、やはりある程度その人の持っている雰囲気や立ち居振る舞いみたいなものは、うまくやっていけるかの判断材料になるような気がしています。

とにかく、目を見て!その人の目を見て、第一印象で少しでも「何か良くないもの」を感じ取ったら、それは何かしらの自分に対するアラートです。

私もまだまだ社会人経験10年少々、そんな30代前半の人を見る目なので完全に独断と偏見ですが、いろんな方にあってきて、それが今のところの結論です。

人間関係で嫌な思いをしないよう、何かのヒントにしてもらえたら嬉しいです。

 

先日の4月1日から始まった新しい職場では、まだ日が浅いということもあってか元々の環境なのか、ありがたいことにヤバそうな人は見当たりません。笑

このままそんな人が現れないよう、無事に会社生活を送れますように。。