サツキログ

元社畜アラサー女、好きなモノで統一されたシンプルライフを目指します

【節目のひとこと】2019年を振り返って

f:id:stk5:20191231183355j:plain

今年最後のブログです。

せっかくなので簡単に振り返ろうと。

 

2019年、清水寺の今年の漢字になぞらえ、個人的にどんな年だったかを一言で表すとすると、「静」という漢字がふさわしい年でした。

 

3月にずっと社畜状態で勤めていた会社を辞め、

4月にワークライフバランスを改善できそうな新たな職場に転職。

ですが、職場環境・人間関係が特殊だったようでそれに対応できず体調が徐々に悪化。

8月には心身が限界に達し、休職からの退職。

それからは主に家のことをしながら、ほぼニートともいえるような生活で気持ちを回復させていき、今日に至る。

 

もともとワーカホリック気味だったのでやはり「仕事」軸で振り返ってしまうことが否めないのですが、その面でキャリアの動きが一時止まってしまったことの印象が最も強く、まさに「静」だったなぁ、と。

 

ただその分、「立ち止まることの意義」や「仕事以外の自分の周りのこと」に目を向けるきっかけができたような気もしています。

"ちょっとくらい回り道しても人生なんとかなる"、"仕事以外に大事にすべきこともたくさんある"、そんなことに、少しずつ気付かされていきました。

今まで「鋼のメンタル」だの「企業戦士」だの言われ、それがプライドでも、ちょっとした自慢でもあり(この時点からしてまだまだ青二才だなぁと思うのですが)、今回のことがなければ力の抜きどころもわからず、休むこともせず、自分を摩耗させるような仕事へのスタンスが一生変わらなかったかもしれません。

 

正直、当時人生設計が狂った(と思っていた)職場やストレス源になっていた物事や人物に対しては呪い尽くしてやりたいし、今でも超腹が立つ。

それくらい負の感情は消えませんが、長い人生で考えた時、今はこの休んだ2019年に意味があるのだと信じたいです。

 

そんな状況を支えてくれた相方こと夫はじめ、いい意味で放置してくれた家族、「今まで頑張ったんやからちょっとくらい休憩しても全然いいやん」と言ってくれた社畜時代の戦友や昔ながらの友人に感謝。

 

そしてまた、2019年は個人的にブログを始めたのも大きな出来事ではありました。

もともと旅行をはじめとした、日々の記録置き場として始めたこちらのブログ。

更新が鈍った時期もありましたが、徐々に自分なりのブログとの付き合い方みたいなものもつかめてきて、いつの間にやらサードプレイスのような感覚です。

これからもマイペースに続けていきたいと思います。

(退職の詳細等も、気が向けばおいおい書いていければと)

 

そして最後になりますが、いつも読んでくださっているみなさん、スター・ブクマを下さっているみなさん、通りすがりのみなさんも、本当にありがとうございます。

ネットの向こうで全く知らない人がその方なりにきっと色々ある中で、丁寧にひたむきに1日1日を重ねていらっしゃることに、いつも励ましをもらっています。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

 

2019年色々ありましたが、いいことも悪いことも、今後を総括して見たとき結果的にいい伏線になればいいな。

それではみなさま、来年お会いしましょう!